ハワイで透析

メニュー(ご希望エリアのボタンを押してください。)

[table id=1 /]


ハワイで安心の日本語で透析ができます。

ハワイ透析
[ハワイへの旅行について]
新型コロナ感染症の関係でハワイでの透析予約の受付が全て停止されていましたが、10月1日から旅行者透析の予約受付を再開いたしました。

[お知らせ]


日本からハワイへ渡航する方は、出発前にハワイ州の「Safe Travels Program (https://safetravels.hawaii.gov/)」へ登録し、健康状態や渡航情報の申請が義務付けられています。ハワイの空港到着時に、パスポートと共にSafe Travels Programより取得したハワイ州トラベル&ヘルスフォームのQRコードを提示する必要がありますので、事前にご準備ください。

ビザ免除プログラム(VWP)で渡米される方は、エスタ(ESTA)の取得が必要となります。

ハワイ州トラベル&ヘルスフォームには、到着時の健康状態により必要となる自己隔離措置についての情報も記載されています。

日本からハワイ到着後の10日間自己隔離の免除を受けるためには、ハワイ州の定める以下の条件に沿った陰性証明書を入国時に提示する必要があります。

 ■日本を出発する72時間以内に新型コロナウイルス感染症の検査を受診
 ■ハワイ州保健局指定の医療機関こちらにて、厚生労働省認可のPCR検査含む核酸増幅検査(NAAT)を受診
 ■ハワイ州保健局が指定する陰性証明書の取得
  ※ハワイ州指定外の陰性証明書を持参した場合は、10日間自己隔離の免除の対象とはなりません。

【オアフ島(ホノルル)以外の島へ渡航について】
【日本からオアフ島到着の場合】
日本を出発する72時間以内にハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関で、厚生労働省により承認されているPCR検査を含む核酸増幅検査(※NAT)を行い、ハワイ州保健局が指定する陰性証明書(英語)を発行してもらった原本を空港にてQRコードとともに提示してください。

【オアフ島到着後、同日乗継での隣島訪問の場合】
同日で乗継便で隣島訪問される場合は、各島に到着した際に日本国内のハワイ州指定医療機関が発行した陰性証明書原本とQRコード(オアフ島から隣島間で別にQRコードが必要になります)を提示していただくと10日間自己隔離が免除になります(カウアイ島は2020年12月2日より適用外、陰性書証明提示の有無関係なく10日間自己隔離が必須となります。)。ただし、ハワイ島に関しては到着後に空港にて渡航者全員に抗原検査を受けていただくことが必須となります。

【オアフ島にて宿泊し、別日に乗継での隣島訪問の場合】
日本から到着し同日での乗継を行わない限り、日本国内のハワイ州指定医療機関発行の陰性証明書の効力は無効となります。別日にオアフ島から隣島へ出発する場合、オアフ島で72時間以内にハワイ州保健局指定医療機関で、アメリカ食品医薬局(FDA)により承認されているPCR検査を含む核酸増幅検査(※NAAT)を行い、指定の陰性証明書を発行してもらわなければいけません。

(注意)オアフ島で到着後10日間自己隔離を完了した場合でも、隣島を訪問する際にも上記の通り事前検査を受けての訪問が必須となります。

(注意)カウアイ島は2020年12月2日より指定陰性書証明提示の有無関係なく10日間自己隔離が必須となります。

(注意)ハワイ島は2020年12月2日より空港到着後、渡航者全員に抗原検査を受けていただくことが必須となります。

[出典]
ハワイ観光局COVID19サイトより

また、帰国後の透析治療受け入れ先につきましても事前に確保しておく必要があります。
一部医療機関で可能とのことです。
ホノルルでの透析につきましては、従来と同じように送迎付きで受けられるように準備が完了しています。
その他のハワイ州での透析につきましては、電話による日本語サポートをいたします。

ハワイへとお考えの場合は、状況をお伝えして、ご了解の後にハワイの透析病院に透析予約をいたしますので、お問合せをお待ちいたしております。

トラベルデスク

トラベルデスク
問合せと申込み

ハワイで安心の日本語で透析ができます。

通常ハワイと言われると空港のあるホノルルを差しますが、このオアフ島は、もちろん、他のハワイの島々でも日本語で透析を受けていただけるようになりました。

特にホノルルのワイキキでは、2箇所の日本語で透析を受けられるセンターにご案内いたします。

ハワイ島でも日本人通訳がご案内いたしますので、安心の日本語で透析を受けていただけます。

マウイ島とカウアイ島につきましては、地図をお渡しいたしますので、ご自身で透析を受けていただく必要がございます。

ホノルルで2箇所ございます日本語での透析センターは、ご利用曜日とご利用時間帯によってどちらかのセンターになります。

2つのセンターは、USRCカパフル透析センターとリバティアラモアナ透析センター透析センターになります。

カパフル透析センター

カパフル透析センター

カパフル透析センター

カパフル透析センター受付

カパフル透析センターのロケーション

透析センターのロケーション

カパフル透析センターは、第1シフト6:30からと第2シフト10:30からのシフトになります。

曜日も月曜日から金曜日までとなります。

一方アラモアナ透析センターは、第1シフト6:30からと第2シフト12:00からと第3シフト14:00からとなります。

曜日も月曜日から土曜日まで透析可能です。

アラモアナ透析センター

アラモアナ透析センター


両センターとも初回透析は、お泊まりのホテルから透析センターまでご案内いたします。

こちらのサービスは、弊社でご予約をいただいた場合の対応となります。

お戻りは、透析センターでご希望によりタクシーをお呼びいたします。

ハワイの透析ご案内は、こちらのページから

トラベルデスク

問合せと申込み

ハワイ島の透析センターも月曜日から土曜日まで透析可能です。

開始時間につきましては、透析日の1週間前くらいに確定いたします。

ハワイ島につきましてもご希望により日本人通訳が透析中の電話通訳をいたします。

こちらのサービスは、弊社でご予約をいただいた場合のみの追加オプショナルサービスとなります。料金は、1回の透析中の電話通訳でUS$100.00になります。

ハワイ島のご案内は、こちらのページから

カウアイ島とマウイ島に関しましても日本人医療担当によります電話通訳サービスがございます。

こちらも透析1回あたり、US$100.00になります。

なお、送迎サービスは、ございませんので、ご自身でお渡しいたします地図により透析センターにて受けていただく形になります。

ご注意してください。

マウイ島の透析ご案内は、こちらのページから

カウアイ島の透析センターのご案内は、こちらのページから

各透析センターの詳細は、各島のご案内ページをご覧ください。

お得なホテル予約は、世界のホテルから




Booking.com

投稿日:2020年12月29日 更新日:

執筆者:



2021年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

世界のホテル


世界のホテル




Booking.com


新しい記事はありません

    • カテゴリーなし